事故が多いからこそ入っておいたほうがいい自転車保険

加害者にもなる

サイクリング

自転車は、特に免許を取る必要はありませんので、子供から大人まで乗っている人が多いです。
子供だと、小さいお子さんであればヘルメットや肘当て、膝当てなどを装着していることが多いですし、親御さんと一緒に行動しているので事故にあう確率は低いです。
しかし、ある程度大きくなって自分だけで行動できるようにあれば、親御さんがついていなくても自転車に乗って移動するようになります。
ですが、子供の頃は加害者になるよりも被害者になることが多いので、自転車保険には加入しておいたほうがいいです。
加害者になってしまう可能性が高いのは、大人になってから乗る人です。

最近では、流行りのロードバイクなどを乗っている人が増えています。人によっては、法律的に違法となるブレーキがついていないものを乗っている人もいます。
そういった人は、道路を走ることが多いですので、車に巻き込まれてしまう事故にあう可能性が高いです。
それに、一度加速した状態で走り続けると歩行者や他の自転車とぶつかる可能性が高くなってしまい、加害者として扱われてしまうことがあります。
このような時は、賠償責任があります。これは、相手に向けて治療費や慰謝料、修理費などを支払うことになります。
この費用は、自転車といえども結構高い金額になります。しかし、自転車保険に加入しておけば、そこまで負担にはなりません。
自転車保険に加入しておけば、賠償責任の保障があります。ですから、万が一怪我をさせてしまっても自分への負担は軽減できます。